3月23日、弓庄城跡や郷柿沢館(現・西養寺)など上市の歴史にまつわる地をめぐってきました。ボランティアガイドの方の解説を聞くと当時の戦いぶりが想像できてワクワク!弓の里歴史文化館で弓庄城跡や黒川遺跡群で出土した上市町のお宝を見学した後、名水「穴の谷霊水」へ。帰りには里の駅  つるぎの味蔵で上市のお土産ショッピングを楽しみました。
上市町について奥深く知り、たくさんの再発見があったイベントでした。

弓庄城

弓の里歴史文化館の前にある弓庄城・本丸跡。
今からおよそ500年前、土肥氏によって築かれたお城がここにありました。
上市町の指定史跡になっています

 

弓庄城は南北600m、東西150mと広大な台地の上に築かれました。
地形をうまく利用した城は守りが堅く、敵の佐々成政も攻め入るには苦労したとか

 

弓の里歴史文化館には器や履物など、弓庄城跡からの発掘品が多く展示されています。皆さん興味津々

 

こちらは国指定史跡の黒川地区で多く発掘された経筒(お経が書かれた巻物を入れて保管する筒)

 

弓の里歴史文化館の外広場にある柿沢出身「杉谷文之」の像。
日本のおいしいお米コシヒカリを生んだ方です

かみいちのヒキダシ冊子vol.2「かみいちレジェンド」にてご紹介

西養寺

かつて郷柿沢館があった西養寺へ

 

敵から身を守るために築かれた高さ3mはある土塁

敵から身を守るために築かれた高さ3mはある土塁。
これほど立派に残っていることは大変珍しいとか。
「中世豪族屋敷」として上市町指定文化財(史跡)になっています

 

西養寺からほど近い眼目山立山寺(がんもくざんりゅうせんじ)へ。
郷柿沢館が攻め入られると立山寺へ移動して身を守ったそうです

 

立山寺と言えば「栂の並木道」。
現在は500mほどの参道ですが、昔は森尻地区あたりまで
約4kmにわたって続いていたとか

 

お昼は「華生」で手桶御膳をいただきました。
ホタルイカやふきのとうみそなどが並び、春を感じます

 

穴の谷霊水の駐車場から見える景色一帯は、すべて国指定史跡の上市黒川遺跡群。
現在も発掘・調査が続いています

 

穴の谷霊水駐車場にある黒川出身の「黒川良安」の石碑。
金沢大学医学部の前身を作った方です。12歳で長崎に渡って医学の勉強を積んだそうです

かみいちのヒキダシ冊子vol.3「かみいちレジェンド」にてご紹介

穴の谷霊水の水汲み場まで108段の階段をくだります

 

水汲み場の手前、冷蔵庫に用意されている湧水を一口いただきました。
やわらかくてまろやか〜

 

全国からファンが汲みに来る名水をお土産に

 

里の駅 つるぎの味蔵へ。上市のいろんな特産品がいっぱい!

 

上市町や県内農家が作る野菜などをジェラートにした逸品。
「たまごジェラート」をいただきました。いちごや小松菜など種類豊富でどれも素材の味をいかしています